HOME>記事一覧>高血圧のように加齢とともに発生する一つの体質と考える

白内障と何がちがうのか

女性

緑内障と白内障が名前が似ているのでどんな病気か知らない人も多いですが、一言でいうと、眼圧異常により視力が低下し、最悪の場合失明してしまう病気です。これだけをきくと、とても恐ろしい病気のように感じますが、体という目線で見ると、高血圧により発生している病気と考えればわかりやすいかもしれません。基本的に完治するようなものではなく、うまく付き合っていく必要がある病気です。

実は身近な病気

女医

気になるのがどのくらいの人が発症しているのかという話ですが、緑内障は40歳代の20人に1人が発症している病気です。治療の仕方も点眼薬をつかって、目標の眼圧まで下げて、下がれば継続的に点眼をしていくという形態です。

早期発見、早期治療すれば何も怖くない

女医

緑内障は、早期発見、早期治療をすれば、先ほどのとおり、点眼薬を利用する程度で生活などには大きな障害は必要ありません。つまり、異常を感じたいときには、すぐに眼科にいくだけでも十分、治療はできます。また40歳を過ぎたら、毎年定期点検をするだけでも、早期治療につながるため、なにも大変なことはなく、治療ができてしまいます。しかし放置すると、視神経がやられることで、二度と視力は回復しません。違和感を覚えたらすぐに病院へいきましょう。

どんな時に疑われるのか

女医

ここで気になるのが、どのような症状になったら、緑内障を疑えばよいのかということだと思います。答えは簡単です。視野が最近かけたと自覚症状のある人は、すぐに病院に行ってください。大丈夫だろうと、視野がかけているのに放置しなければ大丈夫です。